プレスリリース

プレスリリース2016/8/11

『TIGER & BUNNY』ハリウッド実写化に向け
新進気鋭の脚本家 エレン・シャンマン を起用!

本件は PDF データでもご用意しておりますpdf

株式会社バンダイナムコピクチャーズ
報道関係者各位
プレスリリース
All Nippon Entertainment Works
2016年08月11日
株式会社バンダイナムコピクチャーズ
株式会社All Nippon Entertainment Works

 

『TIGER & BUNNY』ハリウッド実写化に向け
新進気鋭の脚本家 エレン・シャンマン を起用!

 

株式会社All Nippon Entertainment Works(本社: 東京都港区、代表取締役 サンフォード・R・クライマン / 清水久裕、以下ANEW)が、イマジン・エンターテインメント(以下Imagine)と、株式会社バンダイナムコピクチャーズ(本社: 東京都練馬区、代表取締役社長 宮河恭夫、以下BN Pictures)と共同で取り組む大ヒットアニメ『TIGER & BUNNY』のハリウッド実写化プロジェクトの進捗が発表されました。Imagineは映画『ダ・ヴィンチ・コード』『ビューティフル・マインド』『アポロ13』、TVシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』などの大ヒット作やアカデミー賞受賞作を生み出しているロン・ハワード氏率いるトッププロダクションです。昨年のニューヨーク・コミコンで大々的に発表された本企画の続報として、ハワード氏も太鼓判を押す新進気鋭の脚本家、エレン・シャンマン氏が脚本の執筆を担当する事が決定したことが、本日、東京国際フォーラムで開催された『TIGER & BUNNY』5周年企画“THE SOUND OF TIGER & BUNNY 2016”の公演の中で、TVシリーズのさとうけいいち監督と作曲家の池頼広氏より発表されました。

 

エレン・シャンマン氏は、名だたる有名脚本家も含めた数十名の候補者の中から、三社プロデューサー陣が選出しました。BN Pictures尾崎雅之氏は、「エレンは日本アニメへの造詣が深く、ドラマを紡ぎだす才能にも溢れていると思います。原作のキャラクターやストーリーに対する愛情と敬意も感じますし、彼女のフレッシュな創造性が充分に発揮されれば新たな『TIGER & BUNNY』像を提示できると思います。彼女とのミーティングは刺激に満ちており、今後がとても楽しみです。」と語っています。シャンマン氏は、小説『Right Before Your Eyes』、『Everything Nice』(ランダムハウス/バンタムデル)の著者で、『Everything Nice』ではシャーリーズ・セロンの製作会社Denver & Delilah Productionsによる実写化の脚本を手掛けました。同じく小説原作の映画化企画として、製作会社2S FilmsとAlcon Entertainment製作の『Falling Out of Fashion』やニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーとして有名になったノンフィクション作品『Nothing Daunted』のBlack Label Mediaによる実写化についても、シャンマン氏が脚本を執筆しています。直近では、ニュー・ライン・シネマとAlloy Entertainment製作のヤングアダルト系スーパーヒーロー小説『秘密の心臓』(原題:『The Brokenhearted』)の映画脚本を担当しました。

 

今回の発表にあたり、ハワード氏が特別にコメントを寄せています。「『TIGER & BUNNY』のような素晴らしい作品の実写企画開発を進めるにあたり、脚本界の新星エレン・シャンマンが物語と登場人物に命を吹き込んでくれることを我々は非常に嬉しく思っています。エレンは鋭い洞察力と豊かな想像力を持ち合わせているので、非常に人気の高い原作を新たな観客に向けてリメイクするのに最適な脚本家です。

 

実写映画版『TIGER & BUNNY』をプロデュースするのは、ANEWのCEOサンフォード・R・クライマンとアンマリー・ベイリー、Imagineのブライアン・グレイザー氏、ロン・ハワード氏、そしてバンダイナムコグループのプロダクションであるBN Picturesの尾崎雅之氏です。尾崎氏は、日本屈指のアニメスタジオであるサンライズのバナーのもと、原作『TIGER & BUNNY』を手掛けたプロデューサー。Imagine側で映画化を統括するのは同社のプレジデントであるエリカ・ハギンズ氏です。

 

本件は、ANEWのシニア・バイス・プレジデント アンマリー・ベイリーが、(原作の)英語版の実写リメイクの共同製作に向けてBN Pictures/サンライズと話し合いを重ね実現し、2015年10月のニューヨーク・コミコンで発表されました。
<ストーリー> バディー・ヒーロー作品『TIGER & BUNNY』は、「NEXT」と呼ばれるプロのスーパーヒーローが存在する近未来的都市・シュテルンビルトを舞台に繰り広げられる。昔気質のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、有能だが扱いにくいスーパールーキー・バーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビは、対立しながらも力を合わせ様々な事件に立ち向かい、絆を深めていく。

 

人気漫画家、桂正和(代表作『ウィングマン』『電影少女』『D・N・A²』)がキャラクター・ヒーローデザイン原案を手掛けた『TIGER & BUNNY』は、2011年4月に深夜アニメとしてTV放送された。最終回は、ライブビューイングのイベントに全国で23,000人のファン達が集まった。その後、劇場版が二作公開された。2012年の『TIGER & BUNNY:The BEGINNING』に続き、2014年に公開された『TIGER & BUNNY:The RISING』は、いずれも2012年以降に公開されたTVアニメの映画化作品として興行収入がTop20にランクイン。バンダイナムコグループ各社を中心とする各種キャラクターマーチャンダイジング展開だけでなく、大型ライブイベントから展覧会、クラシックコンサートに至るまで数多くのプロジェクトで今なおファンの心を惹きつけてやまない。

 

現在、ANEWがハリウッドのトップ・プロデューサーと共同で企画開発を発表している作品は、全部で7作品。プロデューサーのマイク・メダヴォイ氏と幻冬舎コミックスの『6000』(原作『6000 ロクセン』)、Bedford Falls Productionsのエドワード・ズウィック氏とマーシャル・ハースコヴィッツ氏と、株式会社フィールズの『SOUL ReVIVER』(同題名原作)、更にヴァルハラ・エンタテインメントのプロデューサー、ゲイル・アン・ハード氏と東映アニメーションのロボットアニメ『GAIKING』(原作『ガイキング』)。そして、Depth of Fieldのクリスとポール・ワイツ兄弟と進行中の『SHIELD OF STRAW』(原作『藁の楯』)、『BIRTHRIGHT』(原作『臍帯』)、『GHOST TRAIN』(原作『オトシモノ』)の3作品など、日本の人気作品の英語版リメイクを手掛けている。
エレン・シャンマン氏のマネジメントを務めるのはUTA、The Law Hut、そして本契約の交渉に従事したAnonymous Content。

 

■株式会社All Nippon Entertainment Works ANEW

東京とハリウッドにオフィスを構え、世界的なフィルムメーカーやハリウッドのクリエイター、スタジオと映画、小説、アニメ、漫画、玩具など魅力あるコンテンツを保有する日本のパートナー企業を結びつけ、グローバルなエンターテインメント作品を企画開発する企業。日本サイドが、原作のライセンス提供のみに留まらず、共同プロデューサーとして携わることをプロジェクトの特長に、ハリウッドと対等なパートナーシップを築きながら、“原作の魅力”を最大限に生かしたハリウッド・リメイク映画の製作を目指す。

http://www.an-ew.com

 

■IMAGINE ENTERTAINMENT IMAGINE

ロン・ハワードとブライアン・グレイザーが1986年に共同で設立。すでにアカデミー賞はじめエミー賞など計60を超える名誉ある賞を受賞したハリウッドを代表する製作会社。これまでに『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』『アポロ13』『8 Mile』『アメリカン・ギャングスター』『ライアー ライアー』『バックドラフト』『バックマン家の人々』など。現在は『Inferno』『American Made』(各原題)を製作中。TVドラマは、大ヒットシリーズ『Empire 成功の代償』『24 -TWENTY FOUR-』(米Fox)、『Parenthood』(米NBC)、『ブルース一家は大暴走!』(米Netflix)などに加え、エミー賞のドラマミニシリーズ作品賞を受賞した『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』(米HBO) を手掛けている。現在は、『Empire 成功の代償』(米Fox)を製作中。ハワードとグレイザーは『ラブINニューヨーク』『スプラッシュ』以来30年に亘り、共に作品を世に送り出し続け、現在はImagineの共同代表として活躍している。

 

■株式会社バンダイナムコピクチャーズ BNP

2015年4月、サンライズからの分社化により設立。レーベル名は「BN Pictures」。主に『アイカツ!』『バトルスピリッツ』『TIGER & BUNNY』等のマーチャンダイジング展開を中心とするオリジナル作品、および『銀魂』『ケロロ軍曹』等の原作コミックをもとにした作品を製作・プロデュースしている。海外窓口業務は親会社であるサンライズに委託しており、『TIGER & BUNNY』のハリウッド実写リメイク映画についても、実務面はサンライズと共同で行っている。

http://www.bn-pictures.co.jp

 

■株式会社サンライズ SUNRIZE

1972年9月設立。バンダイナムコグループのアニメーション製作会社。『機動戦士ガンダム』シリーズや『コードギアス』シリーズ、『ラブライブ!』シリーズなど数多くのオリジナル作品を創出。また、著作物の管理・運用も行い、配信やライブエンタテインメント、海外展開にも力を入れている。

http://www.sunrise-inc.co.jp

 

 

本リリースに関するお問い合わせはこちらから

Copyright © 2012 - 2017 All Nippon Entertainment Works, Inc. All Rights Reserved.